• こんにちはゲストさま
クリスマスプレゼント・ギフト特集2021 お正月の花ギフト・プレゼント特集2022

クイック配送

最短で10月30日にお届けできます。
対象商品をさがす

お花屋さんの手渡しお届け

全国送料無料
お花屋さんが手渡し
おまかせデザイン

全国お花屋さんネットワーク

「イーフローラ」で贈る

海外に花を贈る

日比谷花壇グループの「イーフローラ海外フラワーサービス」をご利用ください。
詳しくはこちら

お花のお手入れアドバイス お花のお手入れアドバイス

フラワーアレンジメント

水やり

お花は吸水スポンジに挿してありますので、吸水スポンジが乾燥しないように花器の中の水位を確認しながら、水をつぎ足してください。その際に、ゆっくりと水をあげ吸水スポンジに染み込ませるようにしてください。一気にあげるとあふれて床や衣服を濡らしてしまいますのでご注意下さい。吸水スポンジは一度乾いてしまうと水を吸わなくなりますので、乾かないように注意しましょう。
※お届けの際、水分は最小限におさえてあります。届いたらすぐに水を与えてください。

置き場所

直射日光を避けてください。また、乾燥に弱いのでエアコンの風が直接あたらないよう、なるべく涼しいところに置いていただくと、長く楽しんで頂けます。

お手入れのコツ

咲き終わった花や枯れた葉は順番につんでいきましょう。一本の植物に花が一輪のものは、吸水スポンジから植物ごと抜いてください。一本の植物に花が複数付いているものは、花だけをつまみ取ってください。吸水スポンジが入っていた器は綺麗に洗って、小物入れや花瓶として利用することもできます。
※吸水スポンジは「燃えないごみ」として処分ができます。但し、市町村より基準が異なる場合がありますので詳細は市町村該当窓口にお問い合わせください。

花束

水やり

ラッピングを外し、保水ジェルが茎の切り口についている場合は洗い流します。その後、お花のボリュームにあった花瓶にお水を入れ、お花を移し替えてください。花瓶のサイズが合わない場合は、花束に束ねてあるゴムや紐を外していくつかに取り分け、複数の花瓶に活けて楽しみましょう。また、こまめにお水を取り替えてください(1~2日に1回程度)。お水を取り換える際に、茎を水の中で1~2cm程度斜めにカット(水切り)すると、お花がお水を吸いやすくなり長持ちします。

置き場所

直射日光を避けてください。また、乾燥に弱いのでエアコンの風が直接あたらないよう、なるべく涼しいところに置いていただくと、長く楽しんで頂けます。

お手入れのコツ

咲き終わった花や枯れた葉は順番に花瓶から取り除きましょう。また、花瓶のお水の適量はお花の種類によって異なります。お花に合わせたお手入れをするのが、お花を長持ちさせるコツです。
お花の特徴に合わせたお手入れはこちら お手入れをして茎が短くなったお花は、ジャムの瓶や小さなグラスなどに飾って最後まで楽しんでみてください。

花鉢

水やり

夏場は土の表面が乾いたら水をあげましょう。冬は土の中が乾いていない場合もあるので2、3日後にあげましょう。水をあげる際は、鉢の底から水が出るくらい十分に与えてください。ただ、鉢皿に水がたまったままの状態は根腐れをおこしますので、頻繁に水を捨てるようにしましょう。
植物の種類や、葉の枚数、花数などにより「蒸散(※)」が異なりますので、鉢表面の土の状態を観察し季節や気候に合わせた水やりのペースを探す事がコツです。
(※)植物が水を消費する作用

置き場所

屋内での管理が必要な花鉢の場合は、日当たりの良い場所に置きましょう。ただし、直射日光が強くなってくる春から夏にかけて、同じ場所で管理をしていると葉の色が変色してしまう(葉焼け)事がありますので、置き場所を変えたり、レースカーテンなどで遮光したりなどの工夫が必要となる場合があります。屋外での管理が必要な花鉢の場合、風通しの良い場所や日当たりの良い場所に置きましょう。直接地面に置くのではなく、レンガやスノコ、ガーデニング用のシェルフなどで鉢上げすると良いでしょう。また、葉焼けしやすい植物は直射日光を避け、半日陰で管理することをおすすめします。

お手入れのコツ

葉や花が枯れた部分はつみ取ってあげましょう。但し、その際に無理やりつみ取ると折れてしまったり、茎に傷がついたりしてしまう場合がありますので、不慣れな場合は清潔な鋏などで切り取ってあげても大丈夫です。不要な葉や花を取り除く事によって、栄養や水分がこれから必要となる部位にまわり、「株」にとって効率が良くなり沢山の花を長く楽しめるようになります。また、満開の花を長い間そのままにして楽しむと「株自体」のエネルギー消費が増加し、「株自体」を弱らせてしまいますので、できれば花が満開になるまえに切り取り「切花」として楽しんで頂くことがおすすめです。

プリザーブドフラワー

水やり

生花ではございませんので水やりの必要はありません。

置き場所

直接日光があたる場所や多湿での保管は、花びらの液ダレや色褪せなど鮮度等に影響がありますのでお避けください。風通しの良い場所に保管して頂くのが長持ちの秘訣です。

お手入れのコツ

ほこりがたまってしまったら、お化粧の時に使用するチークブラシなどの先端の柔らかいものを使用すると、花を傷めずにほこりがとれます。なるべく毛が柔らかいものを選びましょう。
※プリザーブドフラワーは、生花と同じように、花びらがちぎれたりする大変デリケートなお花ですので取り扱いには十分注意しましょう。

ドライフラワー

水やり

生花ではございませんので水やりの必要はありません。

置き場所

直射日光が当たらない場所に飾りましょう。また、湿気に弱いので多湿の場所を避けて飾ってください。

お手入れのコツ

ドライフラワーは、その名のとおり生花を乾燥させた素材です。水分を自然乾燥や機械を使って乾燥させてありますので、水分が抜けたいわゆるスポンジのような状態になっています。季節の移ろいにともない水分(湿度)を吸ったりはしているため、保湿性が高い時期(特に夏)には柔らかな状態となりますので、この時期は形が崩れ易くなります。また湿度が低い時期には固くもろくなってしまいます。これを数年かけて繰り返すと次第に色や形が変化してしまいます。そのため、環境や飾る場所に充分注意する事が長持ちさせるコツです。また、ほこりが湿度を吸収することで型崩れの原因につながります。こまめにほこりを払うようにするのもポイントです。

SITEMAP

  • プライバシーマーク